header

特集

勉強ができないふたりと学ぶ「明治天皇御製」

更新日:

くっちゃん
明治天皇御製に触れようって記事書くから付き合ってや
ゆきちゃん
なにそれ?付き合い方わからんけど
くっちゃん
要は明治天皇の和歌鑑賞しよやってこと
ゆきちゃん
ねむたあ

明治天皇御製とは

明治天皇御製は明治天皇がお詠みになられた詩のことです。

御製(ぎょせい)とは、天皇・皇族がお作りになった詩文や和歌、絵画のこと。

明治天皇は歌が大変お好きだったようで、約10万首も詠んだと言われています。10万て!大学3年生が一月に稼ぐ給料の額ちゃうんやから!

ところでなんでまた、天皇にも和歌にも疎くて歴史も古文もできないお前が御製とか言い出したの?

自分でもそう聞きたくなりますが、私くっちゃんは、神職(神主さん)になるための勉強中の身なのです。ネットリテラシーとか守秘義務とかいうやつで、学校のことは詳しく書けないんですけども、涙を流す日もある、それだけ記しておきますね。

学校の課題として、6月中旬までに、冒頭に上げた画像の10首を暗記することが課せられまして、どうせなら暗記だけじゃなく意味にも触れておこうよ!というのが今回の動機です。

ちなみに、御製は神社本庁総合研究所『禊並びに神拝行事の栞』より引用し、訳は「明治天皇御製昭憲皇太后御歌とその口語訳」から拝借しています。また、便宜上、旧字を新字に直しています。

では早速、勉強ができないわたしとゆきちゃんの二人で、はじめての和歌鑑賞に挑戦していきます。

一、国民も つねにこころを あらはなむ みもすそ川の 清き流に


春の鴨川。セイコウした者は皆すべからく等間隔に並んでおる!

くっちゃん
そもそも和歌って馴染みなさすぎてな。
くっちゃん
和歌を楽しむポイントは情景をイメージすること、重ねの妙技を見つける、歴史文化を楽しむ、この3つらしいで
ゆきちゃん
国民も常にみもすそ川で心を洗いなさいってことかな
くっちゃん
みもすそ川の語感ええよな
ゆきちゃん
国民が常に心を洗うくらい、みもすそ川は有名だということを詠ってるんやな
くっちゃん
どういうこと?
ゆきちゃん
みもすそ川は昔の人にとってなくてはならない存在っていうこと
くっちゃん
みもすそ川言いたいだけちゃうんけ?訳見てみよか

訳:国民も常に心を洗い清めてほしいものだ。神の宮居のそばを流れる、みもすそ川(伊勢、五十鈴川の別称)の清らかな流れに身をそそいで。

ゆきちゃん
あながち間違ってなかったな
くっちゃん
これは、常に伊勢にいて五十鈴川に入ってろってことでええんやろか。飛行機もないし距離的にしんどくない?しょっちゅう来てられへんで
ゆきちゃん
想像でってことやろ?
くっちゃん
身をそそぐ、がそもそも信仰の態度のことを言ってて、ホンマに川に入るってことじゃない、これやろ

復習とワンポイント

うた:国民も つねにこころを あらはなむ みもすそ川の 清き流に

いみ:国民も常に心を洗い清めてほしいものだ。神の宮居のそばを流れる、みもすそ川(伊勢、五十鈴川の別称)の清らかな流れに身をそそいで。

・みもすそ川は伊勢の五十鈴川のこと

・神道は清浄を重んじるので、そのことを言っている

二、榊葉に かくる鏡を かがみにて 人もこころを みがけとぞ思ふ

ゆきちゃん
なにこれ?わけわからん
くっちゃん
榊の葉に隠れている鏡、つまり天照大御神をお手本にして人も心を磨けってことやと思う
くっちゃん
鏡とかがみで洒落かましてはるわ。おもろいな
ゆきちゃん
天照大御神って榊に隠れてんの?
くっちゃん
……知らん

訳:神前の真榊の枝にかける鏡を心の鑑として、己が姿をうつし、人間も神にあやかって、各自の心をみがくがよい。

くっちゃん
「かくる」は、かけるなんやな。「真榊」で検索したら物がでてくる。ぜんぜん違った。無知でした。
ゆきちゃん
鏡をかがみにて、が意味わからん
くっちゃん
手本とかそういうことやろ。人間の鑑とかいうやん
ゆきちゃん
あーそういうことか

復習とワンポイント

うた:榊葉に かくる鏡を かがみにて 人もこころを みがけとぞ思ふ

いみ:神前の真榊の枝にかける鏡を心の鑑として、己が姿をうつし、人間も神にあやかって、各自の心をみがくがよい。

・天照大御神の御神体として鏡を祭る信仰がある

・真榊というものがある

三、ちはやふる 神のまもりに よりてこそ わが葦原の くにはやすけれ


「ちはやふる」と言えば。かるたの写真が無かったのでもじぴったんカードで代用

ゆきちゃん
ちはやふるってアレでしかない
くっちゃん
大人気少女漫画ね。ちはやふるは神様を褒める言葉やった気がする (注:荒々しく勢いのあるさま)
ゆきちゃん
すごい神が守ってるからこそ葦原って国は平和や!
くっちゃん
葦原の国ってどこか知ってんの
ゆきちゃん
しらん
くっちゃん
日本のこと、でええと思う。
くっちゃん
葦ってそもそもなんや?
ゆきちゃん
葦ってつるみたいなやつやろ
くっちゃん
ツルのムチのつる?
ゆきちゃん
うん
くっちゃん
植物の名前やったと思うけどな…

訳:すばらしい神々のご加護があればこそ、わが日本の国は安泰を保っていられるのである


葦のフリー写真ありました

ゆきちゃん
神をめっちゃ崇めるやん
くっちゃん
そうね、今の普通の若者とは感覚が違うかもね
くっちゃん
でも大体意味合ってたな
ゆきちゃん
これは訳を当てるゲーム?
くっちゃん
そういうことちゃうけど…そもそもゲームちゃうし…

復習とワンポイント

うた:ちはやふる 神のまもりに よりてこそ わが葦原の くにはやすけれ

いみ:すばらしい神々のご加護があればこそ、わが日本の国は安泰を保っていられるのである

・ちはやふる(ちはやぶる)は神、神に関わる言葉に対する枕詞

・葦原の国は日本を指す(Wikipedia

・葦は植物

四、とこしへに 國まもります 天地神のまつりを おろそかにすな


おまつり。ゴテゴテで格好いい。

くっちゃん
さっきと同じ、神の護りシリーズやね
ゆきちゃん
シンプルに、守ってくれてる神様をおろそかにすなってことやろうね
くっちゃん
天地、これあめつちって読むんやで。したらスラスラ読めるやろ
ゆきちゃん
おろそかにすな!」ってなんか怒られてるみたいや
くっちゃん
ほらもうー!だから言うたやろ?おろそかにすなよー!」って?
くっちゃん
さておき、日本は古くから神を祀っているから、油断すると祭祀が形式的になってたかもしれんし、形も心もシャッキとせえよとの忠告かもしれん。
ゆきちゃん
昔の人はみんな神信じてたんな
くっちゃん
仏教にキリスト教、他もあったやろし、みんながみんな日本の神様を信じてたわけじゃないやろうけど

訳:永遠にわが国をお護り下さる、天地の神々への感謝と祈りの祭りを、決しておろそかにしてはいけない。

ゆきちゃん
宝塚の女の心得みたいって思った
くっちゃん
ブスのやつな(注:『ブスの25箇条』)
くっちゃん
中学の女教師が貼ってて、何言うてんねんこいつと思ってた
ゆきちゃん
保育園に貼ってあったわ
くっちゃん
女教育者、ブスのやつ貼りがち
ゆきちゃん
おろそかにすな、気になる。するべからずなら分かるけど
くっちゃん
語感終わってるやん。何文字余らせる気やねん。57577やで?
ゆきちゃん
こなこなな?
くっちゃん
はあ?
ゆきちゃん
あー、待ってアホすぎたわ。頭いってた
くっちゃん
これはヤバすぎる
ゆきちゃん
語感とか言うから、こなこななの法則かと思って

復習とワンポイント

うた:とこしへに 國まもります 天地の 神のまつりを おろそかにすな

いみ:永遠にわが国をお護り下さる、天地の神々への感謝と祈りの祭りを、決しておろそかにしてはいけない。

・神道文献において天地は大抵「あめつち」

五、わがくには 神のすゑなり 神まつる 昔のてぶり わするなよゆめ


どうやらこの「ゆめ」じゃなさそうだ

くっちゃん
「ゆめ」ってなあ。フィクションの老人が言う「ゆめゆめ忘れなさるなよ」の「ゆめ」か。
ゆきちゃん
私達の国は神の一番下です。神を崇め奉る手順をゆめゆめ忘れるなよ?
くっちゃん
てぶりを手順て訳すかねー。システマチックちゃう?(注:ならわし、風習の意)

訳:わが国は神の後裔である。神を祭るという昔からのならわしを、決しておろそかにしてはいけない。

くっちゃん
前段部分が全然ちゃうわな
ゆきちゃん
これも説教シリーズや
くっちゃん
にしても強気やな。おれが詩をつくるとしても「わするなよゆめ」なんて締めかたできひんわ
ゆきちゃん
ゆめって「決して」か。ゆめってなんやねん。ゆめわするなよやったらええけど
くっちゃん
それやったら夢覚えとけみたいな話になるやん。明晰夢見たい人ちゃうねんから
ゆきちゃん
確かにそやけど、最後にゆめは違うわ
くっちゃん
オシャレっぽいけどなあ

復習とワンポイント

うた:わがくには 神のすゑなり 神まつる 昔のてぶり わするなよゆめ

いみ:わが国は神の後裔である。神を祭るという昔からのならわしを、決しておろそかにしてはいけない。

・「ゆめ」は副詞で「決して」や「まったく」の意

明治天皇御製に触れて…

くっちゃん
意外と意味が取れるもんやな
ゆきちゃん
「ゆめ」が勉強になったわ
くっちゃん
子供に注意するときに使い。「並んで帰れゆめ!」って
ゆきちゃん
はあ?ってなるわ
くっちゃん
「信号のボタンをいたずらで押すなゆめ!」
ゆきちゃん
「人の家の花を抜くなゆめ!」
くっちゃん
あと5首はまた今度やるのでよろしく!
ゆきちゃん
ええよ

おわりに

小学校の図書館に、こんな本ありませんでしたか?

歴史の勉強が嫌いな小学生ケンタくんの元に白衣の博士がやってきて、タイムマシンで平安時代に連れて行ってくれる。

ケンタくんは歴史上の人物と直に触れ合った結果、歴史が好きになり、テストで100点!良かった!

そんなイメージの記事でした。暗記しなきゃいけない5・7・5・7・7の文字列に親しみが感じられたらいいな、という。うむ。

さておいて、検索でやってきた貴方へ。

御製を真面目に学びたいという方は、然るべき人に、そうですね、近所の神社の神職さんに、あの詩どうお考えですか?と聞いてみてくださいね。この記事よりも、知恵袋よりも、そのほうがタメになると思います。

-特集

Copyright© くっちゃん.org , 2018 All Rights Reserved.